賃貸経営を学びたい大家さんと大家さんになりたい方の為の勉強会・コミュニティー
有限会社イーズホーム
10:00~17:00(定休日:水曜日)

大阪府北部で発生した地震について

6月18日の朝、大阪府北部でM6.1の地震は発生しました。
被害に遭われた方々に、まずはお見舞い申し上げます。

大阪、または近畿地方の大家の皆さんはいかがでしたでしょうか?

私は高槻市に住んでいまして、地震の時は洗面所で身支度をしていたところでした。

ガタガタとゆっくり揺れ始めることもなく一気に大きな揺れが起き、辺りのものがドドドっと落ちてきました。それほど長く揺れ続けることなく数秒間で治まりました。
家族の安全と自宅の様子を確認しましたが、怪我などもなくコップが割れた程度で済みました。

家族と自宅の安全が確認できれば、頭はもう仕事モードです。

賃貸経営にとって地震は最大の天敵。
入居者さんたちの安全、所有物件の損害を確認しなければなりません。

弊社では計4棟、高槻市に1棟・茨木市に2棟・吹田市に1棟を所有しています。
「卵は一つのカゴに盛るな」と言われますが、弊社はまさにその状況。

確認したところ、残念なことに全ての物件に被害がありました。
外壁・床タイルの破損、水漏れ、壁紙と下地ボードの亀裂、一部コンクリートに亀裂、エントランス花瓶の破損などが見受けられました。

救いは、入居者さんに怪我等がなく、建物にもすぐさま危険が及ぶような被害はなかったことです。

物は直せば済みます。
余震に怯えつつも、一つ一つ丁寧に復旧していくしかありません。
有り難いことに、弊社がお世話になっているエレベーター会社・設備や警備の会社・リフォーム修繕会社の方々にはできる限り速やかな対応をとっていただけて、大変感謝しています。

茨木市の物件では、今もガスが使えない状況が続いています。
できる限り入居者さんのケアに努めていければと思います。

高槻市・茨木市にお住いの方向けに、ライフラインやお風呂開放などの情報についてイーズホームツイッターにて情報提供をしています。よろしければフォローください。
https://twitter.com/i_zhome

先述した通り、こういった地震を中心とした自然災害は賃貸経営にとっては天敵です。
地震保険に加入していたとしても十分な補償を受けることは難しく、最悪の場合は多額の借り入れを残したまま物件を失ってしまう可能性があります。
人生を変えてしまうリスクを負っていることを理解しておかなければなりません。
私自身も改めてその怖さを感じております。

普段から物件設備の点検を怠らず、緊急時に出来る限り速やかに対応できる体制を整えておくことを心がけていただきたいと思います。

まだ余震が続くかも知れません。
安心できない日が続きますが、身の安全を第一にお過ごしください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。