ブログ

満室経営より大切なこと

今の時期は満室にするチャンス

大家さんである以上、自分の物件を満室にしたいのは当然の願いですよね。

特に今のように引越しシーズンになるとそのチャンスが多くなります。
多くの大家さんが、満室に向けてあらゆる努力をしていることと思います。

私も同じように満室を望み、色々と努力しています。

 

焦りは禁物!

しかし一つ気をつけていただきたいことがあります。
「焦り」を感じてしまうことです。

一つでも埋めたい、満室にしたいという思うのは当然ですが、そんな気持ちからついつい審査が甘くなってしまう大家さんがいらっしゃいます。
家賃の支払い能力が足りない方、保証能力の無い連帯保証人に対しても
「保証会社の審査さえ通れば大丈夫だろう」という甘い考えをもってしまいがちです。

家賃の遅延や滞納に陥りやすい方、近隣住民とトラブルを起こしそうな方に、自分の大切な物件を貸してはいけません。
他の質の良い借主さんが出て行ってしまうことさえ考えられます。

一度住んでしまえば、出て行かせることは簡単ではありません。
出て行かせられたとしても多くの時間と費用がかかり、空室の方がマシだったと後悔するのがオチなのです。

 

不動産営業マンにも注意が必要

不動産会社の中には、この繁忙期を前に社員を増やしているところも多くあります。
空室確認の電話を受けていても
「この営業マン、賃貸のこと何にもわかってないな・・・」
と感じることが多くあります。

営業マンは、一人一人のお客様が困らないよう、しっかり仲介業者としての仕事を全うしなければなりません。
しかし繁忙期に入ると、目に余るほど仕事が雑になっていることがあります。
特に多いのが、ヒアリング不足。
特にお客さんの属性ついて、十分なヒアリングができていない事が多くあります。

先日も、契約者本人と連帯保証人の職業欄がともに未記入の申込書が流れてきてました。
全く、困ったものです。。

つまり、申込書を簡単に見ただけでは、わからない事があります。
疑問に思った点については、営業マンの言うことを鵜呑みにしないよう、十分な確認を行うことをお勧めします。

 

賃貸経営も立派な事業の一つ

賃貸経営も立派な事業の一つです。
その事業主は、大家さんであるご自身です。
もし、あなたがサラリーマン大家で賃貸経営の素人だとしても、不動産を購入して人に貸して賃料を得るという事業をされているわけですから、立派な事業主ということになります。

事業の失敗は事業主の責任

これに異論はないでしょう。
不良入居者に部屋を貸してしまった。
これも事業主としての失敗の一つとなります。

「家賃を払わない、トラブルを起こす人が悪い!」
そうその通りです。それは間違いない事実です。

間違いない事実ですが、そんな人に貸すという事業的判断を下した事業主に、結局はツケが回ってきます。

満室にするのも大切ですが、不良入居者を入れないことの方が、事業として大切です。

 

焦って不良入居者を入れては絶対ダメ!